採用担当ブログ

こんにちは。
採用担当の千葉です。

この時期はESの提出が多くなり、学生の方は大変だと思います。
ESを書く際に重要なのは、相手に分かりやすく伝えるということ。
そのためには、読み手のことを考えて書かなければいけません。

しかし、中には読んでも内容がわかりづらいものや、あまり読む気になれないものもあります。

そこで、選考の初期段階でつまずかないために、普段感じていることを挙げてみたいと思います。

ちなみに、当社のESでは、「学生時代に力を入れて取り組んだこと」について書いていただいています。リクルートサイトからダウンロードが出来ますので、詳しい内容はそちらをご覧ください。


▼▼▼ NGなエントリーシートはこちら!! ▼▼▼

◆内容が伝わらない(具体性が無い)
「私が力を入れたのはアルバイトです。売上向上のため、接客の見直しと他のバイト仲間へ売上目標と課題の周知を行いました。」

この文章を読んで思うのは、「何のアルバイトなんだろう?」ということ。
“売上”とあるので、接客か何かかな?と想像はするものの、頭の中に「?」マークが浮かんだままなので、あまり内容が入ってきません。

例えば、「アルバイト」の前に、“飲食店の” “アパレルの” と一言を添えるだけで、読み手は具体的にイメージがしやすくなります。状況が具体的にイメージできれば、「売上向上のために何をやったのか」が、より説得力を持って伝わります。

これはサークルやボランティアなどにも言えることです。一度文章を作った後に、「何も知らない人にも伝わるかな」と推敲することが重要ですね。


◆字が汚い
これは論外ですね。一朝一夕で字が上手くなるわけではありませんが、大事なのは丁寧に書いているかです。


◆誤字脱字がある
特に漢字の間違いは目立ちます。例えば、当社は保険の代理店ですが、「保険」を「保健」と書いていたり・・・これでは「保険業界を志望しています」と言われても、信憑性がありませんよね。


◆記入項目の漏れ
記入日や生年月日、学部など、記入が漏れている場合があります。
細かい部分ですが、書き終えた後に、文章の内容だけでなくES全体を見直すのも大事です。


今回は、特に気になる部分について挙げましたが、逆に言うと、これらを全てクリアすれば好印象を与えるチャンスにもなるということです。
ESで好印象を与えることができれば、その後の選考もスムーズに進めやすいので、ぜひ参考にしてみて下さい。


【エントリーはこちら!!】
☆★☆ マイナビ2019 株式会社トラストライフ 企業画面 ☆★☆
千葉 今日子
この記事を書いた人:

千葉 今日子

株式会社トラストライフで採用担当をしています。
当社の魅力を伝えていくのとともに、皆さんとお会いできるのをとても楽しみにしております。